地震に耐える基準

地震に耐える基準について

住宅の耐震基準について

住宅の耐震性を測るものさしは3つあります。耐震等級1、2、3です。等級1は建築基準法そのものです。これは、どこの工務店、ハウスメーカーでも絶対にクリアしないといけない基準です。等級2は等級1の1.25倍の地震力に対抗できます。長期優良住宅はこれをクリアしなくてはいけません。等級3は等級1の1.5倍の地震力に対抗でき、国内最高等級です。ちなみに、等級3は災害時に倒壊してはいけない警察、消防署などの防災拠点が採用しているレベルです。等級3はなぜ地震に強いのでしょうか?その理由は、壁、床、基礎の地震力を計算してバランスを考えて補強しているからです。

住宅の耐震性について

夢のマイホーム。地震も最近多いから安心で安全な家に住みたい。でも、家の強さってどうしたら分かるのでしょう?住宅の耐震性能について、国は3つの等級を定めています。耐震等級1、2、3です。等級1は、どこの工務店、ハウスメーカーでも守らなければいけない最低ラインの基準です。等級2は等級1の1.25倍の強さがあり、長期優良住宅はこの基準を求めています。等級3は等級1の1.5倍の強さがあり、国内最高等級です。警察署や消防署などが採用するレベルです。等級3の強さの秘密は、壁、床、基礎を地震力を計算してバランスをみて補強します。安心で安全を求めるなら等級3をお勧めします。

↑PAGE TOP