住宅の耐震性の補強

住宅の耐震性の補強には

住宅の耐震性能と補強できる要素

住宅が木造建築でも基礎はコンクリートで施工されるので、基礎と連動した耐震性能を設計しておくと、地震に対して強い住まいが実現されます。機会を使用すると、木造建築の建物は持ち上げられるので、コンクリート基礎と木造土台との間に施工される耐震性能は、後から補強することもできます。住宅は新築するときに設計と施工を決めるのですが、築年数が経過してからでも最新の技術で補強工事を行えます。新築した当時には普及していなかった機械や技術は増えていますので、どのような強さを獲得したいのかを検討してみましょう。地震に対する性能も、免震や制震も可能になりましたので、リフォームに関連して工務店に相談すると良いでしょう。

家を建てる際は耐震性にこだわる

これから住宅を建てようと考えている方は少なくないはずです。そこで、一つアドバイスがあります。それは何かというと、耐震性能にもしっかりこだわるべきという点になります。多くの方が知っていると思われますが、日本は地震大国です。全国どこで大きな地震が発生してもおかしくないので、大きな地震に耐えられることはとても重要なポイントです。大きな地震が起こらないと言われていた熊本でも震度7の地震が発生したので、危機感を持たなければいけません。数千万円かけて建てた住宅が、地震でダメになるという事態は避けなければいけません。

↑PAGE TOP