外壁リフォームのすすめ

外壁リフォームで新築のよう

外壁リフォームの増加

外壁リフォームは、セメント質と繊維質などの原料を板状に形成した窯業系サイディングが主流ですが、金属板と断熱材によって構成された金属サイディングや軽くて機能性に優れた気泡コンクリートなどの施工も増えています。日本のリフォーム業界は、テレビ番組の影響もあり右肩あがりですが、500万以下のリフォームが全体の約85%を占め、居間や水回りのリフォームが大半を占めているのが現状ですが、大震災以降の高断熱住宅への注目や2020年ZEHの義務化もあり、高性能な外壁材を用いた外壁リフォームへの注目も高まっています。

↑PAGE TOP